Loading circles

ゲームがロードしている間にぜひ一度、

私たちのソーシャルメディアを覗いてみてください。

< Back2021年3月30日

ビットコインの送金・認証が遅い原因と対処法

ビットコインの送金・認証が遅い原因と対処法

目次:

ビットコインの送金・認証が遅い主な原因

ビットコインの送受信を行う際に、なかなか送金や認証がされずに不安になったことはありませんか?または、現在送金したビットコインがなかなか届かなくで困っているのでは無いでしょうか?このビットコインの送金の遅れは、送信者と受信者の両方にとって非常にストレスになるものです。

ビットコインの送金の遅れは主に、ビットコインの価格が非常に不安定な場合、特に2020年末から2021年にかけて見られた大規模な価格変動がある場合に当てはまります。この記事では、なぜあなたの送金したビットコインがまだ認証されず届かないのか、考えられる主な原因や対処法を解説していきます。

① ネットワークが混雑している

ビットコインの取引が実行されると、その資金はまずメモリプール(mempool)と呼ばれるネットワークに送られます。メモリプールは、全てのビットコインのトランザクション(取引)が送られる場所で、そこでマイナーによるトランザクションの処理(認証)を待つことになります。処理される前の取引は、まだブロックチェーンに記録されていません。マイナーによって取引が認証されると、その取引はブロックチェーン上に記録され、後に取引履歴ページに掲載されます。

ブロックチェーンネットワークのトラフィックが混雑しピークに達すると、遅延やトランザクションの滞留が発生します。また、需要が供給を上回ることで、マイナーが優先的に処理するトランザクションを選ぶことができてしまうため、トランザクション手数料が上昇します。そのため、適切な取引手数料を支払ったとしても、マイナーから後回しにされることで、トランザクションが認証されるまでにとても時間がかかってしまう可能性があります。

また、仮想通貨によって取引の処理速度が大きく異なることを覚えておきましょう。例えば、ビットコインは1秒間に7つのトランザクションを処理でき、確認に60分以上かかりますが、リップル(XRP)やステラ(XRP)は1秒間に1,000以上のトランザクションの処理が可能で、確認にかかる時間は平均で5秒以下となっています。

取引手数料が低すぎる

多くのビットコイン初心者が犯してしまう初歩的なミスは、ビットコインの取引手数料を最低に設定してしまうことです。取引手数料を高く設定すればするほど、送金された資金が受取先に早く到着するという事実があります。

ビットコインの取引を行う際に必要な手数料の一部は、トランザクションの処理をするマイナー達(採掘者)への報酬として支払われます。上記でも少し触れたように、膨大な数のトランザクションがメモリプールで待機している場合、マイナーは手数料(報酬)の大きいものを優先して処理をしていきます。

そのため、ビットコインの取引を実行した際に設定した手数料が低くすぎた場合、なかなか処理されることなく長時間(数時間から数日、場合によっては数週間かかってしまうことも)メモリプールに留まってしまします。

③ マイナー不足

ビットコインのような人気の高い仮想通貨には常にマイナーが群がっていますが、流動性の低い仮想通貨や、マイナーがトランザクションの処理しても利益が出ないパッチがあり、需要が供給を再び上回り、取引処理が遅くなることがあります。

ビットコイン取引が認証されない場合の対処法

それでは、ビットコインの送金・認証が遅い主な原因を知ったところで、その対処法をみていきましょう。

① とりあえず待ってみる

まず、そこまで急ぎではない場合には、とりあえずトランザクションが完了するのを待ってみましょう。ネットワークが混雑していてもほとんどの場合、数時間〜2週間程でネットワークに空きができます。この空きがある期間は、低額の手数料の取引でも問題なく通過します。数週間もの間待たなければならないことはめったにありません。

② 追加で手数料を払う

RBFには様々な種類がありますが、一般的にRBFは既存のビットコイントランザクションに追加で手数料を払うことにより、メモリプールで止まっている承認される前のトランサクションの承認を促す方法です。

RBFを行うには、様々な方法がありますが、もっとも簡単な方法はビットコインアクセラレーターを使用することです。利用方法はとても簡単で、程んどの場合、止まってしまっているビットコイントランザクションの取引ID(ハッシュ)を入力するだけです。これを利用すると、自動的に追加の手数料が引かれ、取引を早めることができます。

ビットコインアクセラレーターはたくさんありますが、ここではおすすめのものをいくつか紹介します。

Viabtc:

ViaBTCは、最も古くからある人気のビットコインアクセラレータであり、アクセラレーター意外にも様々なツールを提供しています。

ViaBTCのビットコインアクセラレータは、無料で利用できることが他の多くのアクセラレーターと異なります。しかし、有料のオプションも提供しており、急いでいる取引や取引手数料が極めて低い取引に使用するのに最適です。

有料オプションを利用する場合に支払う手数料は、加速したいトランザクションのサイズと、その前のトランザクションのサイズに直接関係します。

BTC.com:

このビットコインアクセラレータは、世界最大級のビットコインマイニングプールであるBTC.comによって提供されています。

BTC.comのアクセラレータは、選択した追加の手数料に関わらず、1時間以内に75%の確率で、4時間以内には98%の確率でトランザクションが認証されることを約束しています。

BTC.comのサービスは有料になりますが、トランザクションを加速させる前に全ての手数料の透明な概要を提供しています。追加で払う手数料は、取引のサイズと現在のBTC価格に基づいています。

BitAccelerate:

BitAccelerateは、無料で利用できるビットコインアクセラレータで、10のビットコインノードを経由してビットコイントランザクションを再ブロードキャストし、確認時間を短縮することができます。登録を必要とせず、利用者のデータを一切記録しないため、プライバシーを重視する方に最適と言えるでしょう。

BitAccelerateでは、トランザクションが認証されるまで、6時間ごとに1回再ブロードキャストするためにサービスを使用することを推奨しています。

まとめ

ビットコインの送金は、従来の銀行などを使用した送金と比べてとても早いのが特徴です。しかし、今日この記事で紹介したように、ネットワークの混雑や取引手数料を低く設定してしまった場合には、とても時間がかかってしまうことがあるのも事実です。

実行したビットコイン取引の送金がなかなか完了しないと不安になってしまったり、ストレスになりますよね。ほとんどのケースでは、気長に待つことでいずれ認証されますが、時には急ぎのこともあります。そんな時には、今日紹介したビットコインアクセラレーターを利用してみてはいかがでしょうか?

何時間も認証されなかったビットコイントランザクションが、ビットコインアクセラレーターを使用することであっという間に認証される可能性があるでしょう。

関連記事:

【2021】ビットコインを安全に保管しよう!おすすめのビットコインウォレット6選

【完全版】タダで仮想通貨をゲットする方法!BTC・ETH・USDTのフォーセットサイト集

アルトコインとは?概要と2021年注目のアルトコイン10選!