Loading circles

ゲームがロードしている間にぜひ一度、

私たちのソーシャルメディアを覗いてみてください。

< Back2021年3月6日

【完全ガイド】ライトコイン(Litecoin)の特徴・仕組み・購入方法や将来性を知ろう!

ライトコイン完全ガイド

目次:

初めに

2009年に世界初の仮想通貨であるビットコインが誕生して以来、他の多くの仮想通貨(アルトコイン)がブロックチェーン業界に参入してきました。それぞれの仮想通貨にはそれぞれの目的や目標があり、多くの場合ビットコインを超えるより良いスピード、手数料、スケーラビリティ(適応能力)などを提供することを目標としています。

このように無数にあるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の1つが、2011年に誕生したライトコイン(Litecoin / LTC)です。ライトコインは、ビットコインの軽量版になることを目標として掲げています。あなたは、ライトコインの取引時間がビットコインよりも4倍も速く、ビットコインの手数料よりも安いことをご存知でしょうか?ライトコインの特徴や利点はこれだけにとどまりません。

今日この記事では、知名度・人気度共に高いアルトコインの一つである「ライトコイン」の特徴や仕組みから、購入方法、おすすめのウォレット、将来性までを詳しく解説していきます。興味のある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ライトコイン(Litecoin)とは?

「ライトコインとは何か?」という疑問の答えを知るためには、ライトコインがなぜ作られたのか?そして、初代の仮想通貨であるビットコインにはなかった、ライトコインが改善しようとしている目標は何なのか?を知ることが重要になります。

ライトコインは2011年10月に誕生した仮想通貨です。第三者機関である銀行や決済サービスなどの仲介業者を介すことなく、個人間や企業間で資金のやりとりを可能にしました。仲介業者を必要としないため、従来の送金方法よりもより早く・安く資金を送金することができることから、注目を集めています。

ここからは、ライトコインが誕生した理由や、目的を詳しく紹介していきます。ライトコインへの投資を検討している方は、ライトコインについての知識を増やして十分理解することはとても重要になります。

それではみていきましょう。

誕生の理由

ライトコイン誕生の理由

ライトコインは2011年、チャーリー・リー(Charlie Lee)というグーグルの元社員によって初めて作られました。他の多くのブロックチェーンファンと同様に、チャーリー・リーはビットコインのシステムには、あまりにも多くの欠陥があると考えていました。

ここで言うビットコインの欠陥とは、以下の点があげられます。

ビットコインのトランザクション(取引)速度: 

ビットコインの一つのトランザクションには、平均で10分かかります。

マイニングの仕組み:

ビットコインのマイニングには膨大な電力を必要とし、環境問題への懸念がされています。

スケーラビリティ(適応能力):

これは、一秒間に処理できるトランザクションの数を指します。ビットコインは、一秒間に最大7つのトランザクションしか処理できません。

チャーリー・リー氏は、ビットコインの軽量版のネットワーク・仮想通貨を作るという目標を達成するために、ハードフォークと呼ばれる作業を行う必要がありました。フォークとは、元のブロックチェーンをより良くするために変更(アップデート)を加えることで、フォークには2つのタイプがあります。

まず、「ソフトフォーク」と呼ばれるものは、元のブロックチェーンを新しいバージョンにアップグレードしても、そのアップグレードされた新しいルールは、古バージョンでも認識されることです。そして、ビットコインのブロックチェーンには多くのソフトフォークが行われています。

ビットコインは分散型のネットワークであるため、一人の人間や一つの会社が管理・運営しているわけではありません。新しい変更が行われる場合には、投票システムに送られます。そして、一定以上の人が新しい変更に賛成の投票した場合にのみ、その変更が行われます。

そして、もう一つの種類のフォークが「ハードフォーク」です。ハードフォークは上記のソフトフォークとは違い、大掛かりな変更を行うことを意味します。そして、その大掛かりな変更を行う唯一の方法は、別のブロックチェーンを作成することです。まさにこれが、ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏が行ったことです。

ライトコインの目的

ライトコインの主な目的は、国際的な決済システムになることです。つまり、現在送金をする際に主流な方法である、銀行などの第三者機関を介さずに、国内外で資金のやり取りを可能にすることです。

今までは、ビジネスや家族・友達間で国際送金を行う場合には、銀行などの第三者機関を介する必要があり、その機関に手数料を支払う必要がありました。そして、複雑な書類の記入をして、安くない手数料を支払う必要があるにも関わらず、送金が完了するのに数日待つ必要がありました。

ライトコインは、この従来の不効率で高い送金方法を改善しようという目的で開発されました。ライトコインを送金する際の手数料は、わずか数円しかかからず、送金のスピードも平均でたった2分半で完了します。さらに、ライトコインは分散型のネットワークを使用しているため、利用者が資金を完全にコントロールすることができます。24時間いつでも時間帯に関わらず、世界中のどこに送金するにもこの手数料と送金スピードで送金できてしまうのは、とても魅力的ですよね。

ライトコインの仕組み:送金方法

ライトコイン送金方法

ここでは、ライトコインのブロックチェーン技術についてもう少し詳しく見ていきましょう。

先ほど説明した通り、日本国外に送金をしたい場合には、法定通貨(日本円や米ドル、ユーロなどの国が管理している政府発行の通貨)の代わりにライトコインを使った方がずっと早く、安く、簡単に送金できることを知っていると思います。では、どのような仕組みでこれが可能とされているのかを詳しくみていきましょう。

まず、資金の送受信をするためには、ライトコインウォレットのアドレスが必要です。「ウォレット」とは、仮想通貨の世界で使われている、仮想通貨の送受信や保管・管理に使用される、銀行口座のようなものです。ウォレットの「アドレス」とは、銀行で言う口座番号と思ってください。ライトコインのウォレットは誰でも簡単に無料で取得することができ、1人が作成できる数に制限はありません。

そして、自身のウォレットにログインをした後、送金ページで送金をしたいウォレットのアドレスと送金額を入力するだけで、面倒な書類や手続きなしですぐに資金を送ることができます。

資金を送ると、その資金はライトコインのブロックチェーンに送られます。

全てのライトコインのトランザクションは、ライトコインのブロックチェーンを通過することになり、2分半ごとに新しいブロックが作成されます。ブロックは取引の入れ物(箱)だと考えてください。

ブロックには、先ほど送信した取引を含めた様々な取引が入っています。そして先ほど送信された資金は、送金相手である受信する側のウォレットに届く前に、その取引が正当なものであることを確認されなければなりません。

ライトコインは分散化されているネットワークを使用しているため、取引を確認する単一の人物や機関は存在しません。その代わりに、採掘者(マイナー)と呼ばれる人々が、パソコンの計算能力を使ってその複雑な難しいパズルを解いています。これがブロックチェーンのトランザクションブロックの検証方法です。2分半後、マイナーたちは複雑なパズルを解き、そのブロック内のすべての取引が確認され、無事に相手側のウォレットに到着します。

ライトコインの取引速度

ライトコインの取引スピード

ライトコインの目的がビットコインの欠点を改善することなのはすでに紹介しましたが、ライトコインはビットコインと実際に比較するとそうなのでしょうか?ビットコインのブロックの確認には平均10分かかります。そして、ライトコインは2分半と、ビットコインよりも4倍も速くなっています。これはライトコインが世界的な決済システムになるためにはとても重要なポイントとなります。

2分半の内にされるブロックの確認回数は1回です。そして一回の確認が終わると、その取引はキャンセルをしたり元に戻すことは不可能となります。送金先の加盟店はによっては、セキュリティ性を高めるために、取引を処理する前に追加の確認を要求する場合があります。しかし、ビットコインで1つのブロックの確認にかかる時間で、ライトコインでは4つの確認が可能となっています。

ライトコインのスケーラビリティ(適応能力)

ライトコインが、世界的な決済システムになることを実現するのに重要なもう一つのポイントは、ライトコインブロックチェーンのスケーラビリティです。スケーラビリティとは、一定時間内により多くのトランザクション(取引)を処理できる能力のことです。

ビットコインでは、1秒間に最大7件のトランザクションしか処理できません。ブロックチェーン業界の中で2番目に人気のあるイーサリアムは、1秒間に平均で最大15件のトランザクションが可能です。それでは、ライトコインはどれくらいの数のトランザクションを処理できるのでしょうか?

ライトコインはなんと最大で、1秒間に56件のトランザクションを処理することができるのです。これは、仮想通貨の人気トップ2であるビットコインやイーサリアムの両方を合わせた数よりもはるかに多いです。今後、ライトコインがますます普及していけば、さらなる需要に対応できるようになっていくでしょう。

ライトコインのマイニング(採掘)

ライトコインのマイニング

マイニングとは基本的に、第三者機関を介すことなく資金のやり取りができるようにすることです。マイニングには様々なやり方や種類がありますが、それぞれコンセンサスモデルの一種となります。

ライトコインはプルーフ・オブ・ワーク、略してPoWと呼ばれるコンセンサスモデルを採用しています。ビットコインもPoWを使用していますが、ビットコインはSHA-256ハッシュと呼ばれるものを使用しており、両者には若干の違いがあります。

簡単に説明すると、取引の量が増えれば増えるほど、一つ一つのパズルの難易度が高くなっていくということです。そうなると、採掘者(マイナー)はブロックを確認する計算をするために、どんどん電力を使う必要が出てきます。

近年では、ビットコインのマイニングをするには、とても高価なASIC(特定用途向け集積回路)ハードウェアを使用する必要があります。この初期費用の高さから、すでにお金に余裕のある人ばかりが有利になり、あまりお金を持っていないけどマイニングを始めたいという人にとっては不公平な状況となってしまっています。

簡単に説明すると、取引の量が増えれば増えるほど、一つ一つのパズルの難易度が高くなっていくということです。そうなると、採掘者(マイナー)はブロックを確認する計算をするために、どんどん電力を使う必要が出てきます。

近年では、ビットコインのマイニングをするには、とても高価なASIC(特定用途向け集積回路)ハードウェアを使用する必要があります。この初期費用の高さから、すでにお金に余裕のある人ばかりが有利になり、あまりお金を持っていないけどマイニングを始めたいという人にとっては不公平な状況となってしまっています。

しかし、ライトコインブロックチェーンは、「スクリプトアルゴリズム」と呼ばれるものを使用しています。スクリプトアルゴリズムとは、高価なASICハードウェアを必要としない代わりに、GPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を使ってライトコインのマイニングをすることができるのです。GPUはビットコインのASICに比べ非常に安価なので、より多くの人がマイニングに参加する機会を提供することを意味しています。

これは、初期費用に掛けることができる資金の少ないマイナーにとっては、とてもありがたいことです。しかし、ライトコインも将来的にはASICハードウェアを使ってマイニングすることが必要になる可能性もあります。そうなればビットコインと同様に、高価なマイニング機械を買える人ばかりが、ライトコインのマイニング報酬を受け取ることになる可能性が高くなってしますと言うことになります。なので、ライトコインのマイニングに参加してみたいと思っている方は、手遅れになる前に早めに始めることをおすすめします。

ライトコインのセキュリティ(安全性)

ほとんどの人が、今までに使ったことのあるほぼすべてのアプリは、集中管理されたサーバー(ユーチューブやインスタグラム、ツイッターなど)で動作しています。これは、ハッカーなどのサイバー攻撃からあなたの個人情報を保護するために、第三者機関を信用していることを意味します。

ほとんどの人が、今までに使ったことのあるほぼすべてのアプリは、集中管理されたサーバー(ユーチューブやインスタグラム、ツイッターなど)で動作しています。これは、ハッカーなどのサイバー攻撃からあなたの個人情報を保護するために、第三者機関を信用していることを意味します。

また、銀行も中央集権型企業の良い例の一つです。もしハッカーなどの犯罪者が、中央サーバーをハッキングすることに成功すれば、あなたの銀行口座にアクセスされて、お金を盗まれてしまう可能性があります。中央集権型のハッキングは常に起こっており、残念ながら利用者側がこのことについてできることは何もありません。

ここで登場したのが、ライトコインのような分散型決済システムです。ライトコインがハッキングされる唯一の方法は、そのハッカーがネットワークの51%以上を支配している場合のみです。ハッカーがこれを可能にするためには、ネットワーク全体のマイニング計算能力の51%以上を生成しなければならないことになります。

しかし、ライトコインのネットワークは世界中に分散されておりとても大きいため、このようなことが起こる可能性はほぼ不可能に近いと言えます。もし実際にやろうと思った場合には、数億円のコストがかかることになり、そんなとてつもなく大きいコストを掛けても実際にネットワークをコントロールできる時間はほんの少しだけとなるため、無意味なものとなるでしょう。

ライトコインのセキュリティの高さは、どのようにライトコインを保管するかによって異なります。ライトコインウォレットには多くの様々な種類のものがあり、それぞれのウォレットは異なるレベルのセキュリティを提供しています。

あなたは実生活の中で、どのようにお金の管理・保管をしていますか?お財布のなかに現金を持っておくと、すぐに簡単に使えるので便利ですが、一生懸命貯めた貯金を全額入れておきたいと思う人はおそらくいないでしょう。大切な資産は、頑丈な金庫や銀行に置いておいた方が安全だと思うはずです。

これはライトコインなどの仮想通貨でも例外ではないはずです。スピーディーな取引を行う際には、すぐにアクセスできる便利なオンラインウォレット(ホットウォレット)を使うかもしれませんが、保有している資産の大部分をそこに保管することはないでしょう。

ライトコインの購入方法

ライトコインの購入方法

ライトコインの仕組みや特徴を学んだところで、もっとライトコインへの興味が増えた方もいるのではないでしょうか?ここでは、国内大手の仮想通貨取引所であるDMM取引所でのライトコインの購入方法を紹介していきます。ライトコインの購入は、とても簡単にできるので、すぐにライトコインへの投資を始めたいと思っている方も、とりあえずは少量を買ってみて様子をみたいという方も、参考にしてみてくださいね。

まずは、必要な情報の記入や本人確認審査などを行って、DMM取引所のアカウント開設をしましょう。アカウントの開設が無事にできたら、次は日本円をDMMのアカウントに入金します。入金方法は、クイック入金と銀行振込の2種類があるので、都合が良い方を選んでください。入金方法を選んだら、あとは画面の指示に従って入金を完了しましょう。

無事に日本円の入金が完了したら、口座に入っている残高でライトコインを購入することができます。仮想通貨初心者におすすめなのが、現物取引です。現物取引では、すでに入金済みの日本円を使用して、すぐにライトコインを購入することができます。

おすすめのライトコインウォレット

ライトコインの購入方法を紹介した次は、その購入したライトコインを安全に保管できる、セキュリティが高く人気のある、おすすめのライトコインウォレットをホットウォレットとハードウェアウォレットそれぞれ一つずつ紹介していきたいと思います。

その前に、仮想通貨のウォレットを使用する際に知っておくべき用語を覚えましょう。

公開鍵(Public Key):

公開鍵とは、銀行で言う口座番号のようなもので、ウォレットのアドレスのことを指します。これは、仮想通貨を送信する際に、宛先として必要になります。

秘密鍵(Private Key):

こちらは、銀行で言う暗証番号のようなものです。とても大切なものなので、決して他の人に教えることはしないようにしてください。

それではおすすめのライトコインウォレットをみていきましょう。

PC・モバイルウォレット

保管したいライトコインの量がそれほど多くなく、素早く簡単にアクセスできることを重視したい場合には、デスクトップウォレットやモバイルウォレット(ソフトウェアウォレット)を利用するのがベストでしょう。パソコンやスマートフォンのスペースやストレージをそこまで取らず、安全性・利便性共に優れているウォレットです。

ソフトウェアウォレットでは、あなたの秘密鍵にアクセスできるのはあなただけです。ウォレットを開発した開発者でさえそれを見たり知ったりすることはできません。

また、ソフトウェアウォレットにはリカバリー(復元)オプションを設定することもできます。そのため、万が一パスワードを忘れてしまったり、パソコンやスマートフォンが壊れてしまっても、ウォレット内の資産にアクセスすることが可能となります。

ソフトウェアウォレットには多くの種類がありますが、中でもExodusは最も人気のソフトウェアウォレット一つです。使用しているパソコンやスマートフォンにダウンロードをし、簡単なセットアップ後にすぐに使い始めることができるので、初心者から上級者まで幅広い層に利用されています。

ハードウェアウォレット

仮想通貨を保管する際に最も安全な方法は、ハードウェアウォレットを使用することです。これは、仮想通貨の金庫と考えてください。

ハードウェアウォレットを使えば、インターネットに接続されていない状態でライトコインを保管することができます。頻繁にライトコインの取引を行いたい場合には不便になってしましますが、長期保管したい場合や大きい額を安全に保管しておきたい場合には、最も安全な選択肢となります。

数あるハードウェアウォレットの中でも特に人気の高いのがLedger Nano Sです。無料で使えるソフトウェアウォレットとは異なり、ハードウェアウォレットはデバイスなので購入する初期費用が必要となります。しかし、ハードウェアウォレットが提供するセキュリティの高さは、十分値段分の価値があると言えるでしょう。

Ledger Nano Sは回復パスワードをスクリーン上で表示することを可能にしています。これメモをとっていおて、安全な場所に保管しておけば、万が一誰かにハードウェアデバイスを盗間れてしまった場合でも、ウォレット内のライトコインへのアクセスを取り戻すことができます。

ライトコインの将来性

現在の市場に出回っている最初のアルトコインの一つとして、ライトコインは一般的に時価総額が低い新しいアルトコインと比べて価値を維持しています。ライトコインは、その秘められた可能性から様々なタイプの投資家にとって魅力的な投資となっています。

例えば、ライトコインの価格変動を利用しそのボラティリティを抑えたいと考えているデイトレーダーや、ライトコインの将来を信じ、長期間保持したい長期投資家など。多くのブロックチェーンファンは、アルトコイン取引の未来を信じており、ライトコインのマイニングアルゴリズムであるスクリプトを支持している人も多いです。

ライトコインの構造的には、ビットコインに足りなかった技術を向上させていますが、投資家にとってリスクを伴うことに変わりはありません。ライトコインの急速に老朽化したインフラは、2011年のライトコイン誕生時のようなユニークなものではなくなってきており、現在では他の多くのアルトコインが同じようなメリットや効率性を謳っています。

仮想通貨は価格変動が激しく、予想しずらい市場となっています。もしライトコインへの投資を考えている場合には、いきなり飛び込んでいくのではなく、ライトコインのメリットだけではなく、デメリットやリスクもしっかりと調べてから始めるようにしましょう。 仮想通貨に関わらず、投資にはいつでもリスクが付き纏うものであることを、いつも覚えておくようにしましょう。

まとめ

今日は、ライトコインが誕生した理由や仕組み、特徴からおすすめのライトコインウォレットなど、ライトコインに興味がある人なら知っておくべき情報をご紹介しました。最後まで読んでいただいた人なら、ライトコインが何なのか、なぜライトコインは作られたのかを十分に理解したはずでしょう。また、仮想通貨を知る際には、どのようなテクノロジーが使われており、どのように機能するのか、ビットコインとどう違うのかについても理解しておく必要があります。

ライトコインの取引スピードがビットコインよりも早くて、取引手数料が安価だからといって、ライトコインが良い選択肢だと決めつけてはいけません。もしあなたが仮想通貨に投資をしようと考えているのであれば、失敗しないように、投資を始める前にその仮想通貨について徹底的に調べ上げて理解することを強くお勧めします。




関連記事:

仮想通貨EOSとは?EOSを無料で入手する方法を紹介します!

USDT(Tether/テザー)とは?概要やおすすめのUSDT取り扱い取引所を紹介します!

イーサリアム(ETH)って何?2021年版完全ガイド