Loading circles

ゲームがロードしている間にぜひ一度、

私たちのソーシャルメディアを覗いてみてください。

< Back2021年4月11日

【2021年版】ビットコイント取引のメリット&デメリット

ビットコインのメリットとデメリット

ビットコイン初心者の方は、ビットコインのメリットとデメリットついて学ぶ前に、「ビットコインの始め方」を読んでみてください。

この記事では、2021年現在のビットコイン取引の主なメリットを確認し、それが有益かどうかを判断していきましょう。

目次:

ビットコイン取引の主なメリット

伝統的な外国為替市場と比較して、ビットコインを取引するいくつかの利点があります。

高レバレッジ:

ビットコインの取引では、ほとんどの取引所とブローカーで最大125倍の高いレバレッジを提供しています。

プライバシーとより簡単な取引システム:

証券会社では、ほとんどの資産を取引するためのブローカーライセンスが必要ですが仮想通貨では、アカウントを登録して取引を開始するだけです。同様に、資金を入金するために銀行口座や認証情報を開示する必要はありません。

低料金:

ほとんどのブローカーや取引所はあなたの投資からわずかな料金しかとらないため、外国為替市場が世界で最も流動的な市場に成長した理由です。そして仮想通貨の追加はデジタル資産を体験するユニークな方法を提供しました。

ボラティリティ:

外国為替と仮想通貨の主な違いの1つは、極端なボラティリティです。しかし、これは、あなたがどのようなトレーダーであるかに応じて、あなたの利益と不利益になりえるでしょう。

大手企業が毎日のように仮想通貨を受け入れている今、ビットコイン固有のボラティリティからこれまで以上に大きな利益を得ることができます。例えtとして、1月にBTCが史上初の最高値である42,000ドルに達した時、あるトレーダー達が全てのBTCを販売したケースがありました。そして、それが3万ドル未満のレベルに下がった時、彼らはBTCを購入しました。何故なら、多くの機関投資家が仮想通貨、特にBTCを受け入れることを知っている為この潜在的な購入機会を見逃さなかったのです。

また一例を挙げると、1月末にビットコインが3万ドルを下回った時点で購入し、現在も保持している場合、2月8日にイーロンマスクのテスラがビットコインに15億ドルを投資すると発表したとき、2万ドル以上の稼ぎ、利益を得ることになります。

需要と供給:

仮想通貨に対する現在の制度的需要は、ビットコインに異なる強気相場を与えそして、トレーダーにいくつかの利点をもたらしたのです。現在、テスラ、グレースケール、マイクロストラテジーなどの大手金融・技術企業は、単なる交換手段ではなく、資金の保管場所となるビットコインを大量に購入しています。

より多くの企業が参加するほど、利用できる供給は少なくなります。そして、利用可能な供給が少ないほど、価格は高くなります。本質的に、需要が高ければ高いほど、潜在的な購入機会を見つけた場合の利益は大きくなります。ビットコインの需要が高く、供給が不足していることを踏まえると、価格は1年半で10万ドルを超える天文学的なレベルに達する可能性があります。



どのような市場でビットコインを取引できますか?

一般的に、仮想交換はビットコインのような仮想通貨を購入するための最良のオプションです。しかし、eToroのようないくつかの従来の証券会社も仮想通貨取引をサポートしています。ビットコインに触れるには、先物市場とスポット市場の2つの方法があります。

先物市場:

これらの市場では、交渉の時点で価格が確定していません。それらは、価格、数量、および有効期限の合意を通じて、将来、特定の商品の購入および販売に関する契約の交渉で構成されます。本質的には、資産を表す契約を購入し、 その先の予め決めた日時に決済されます。

スポット市場:

これらの市場では、取引とその決済の両方が同じ日に行われます。ですが、配信に最大二日間の遅れがあってもスポット市場見なされます。



ビットコインはどこで取引できますか?

仮想通貨取引が利用可能な従来の証券会社を含む、仮想通貨交換のリストは次のとおりです。

これらは現在最も人気があるものですが、Coinmarketcapで自分に合った最適な取引所を選択することも可能です。

Binance(バイナンス):スポット市場及び先物市場

Binanceは、スポット市場と先物市場の2つの主要市場を提供しています。

概括するとスポット市場にはレバレッジがありません。この市場の価格は最も正確で現実的です。

先物市場で取引を開始すると、担保に対する証拠金チェックが表示されます。証拠金チェックとは、ブローカーから資金を借りたり、資産に投資するために交換をする場合の事です。

また、担保の定義は、取引を開始する際にプラットフォームからお金を借りて、口座の残高を担保として使用する場合の事を指します。

上記を踏まえてBinanceは2つのオプションを提供します:初期証拠金と維持証拠金:前者は担保が初期証拠金よりも大きい必要があります。つまり、残高の資本は、要求した金額よりも大きい必要があるということです。

そして後者は、損切りのように機能します。担保と未実現利益の合計がマージンを下回った場合、市場で清算されます。また、これは罰則と罰金に結付きます。そうなる前に、清算することも可能です。

BitMEX:先物市場

BitMEXでは、トレーダーが担保の100%を証拠金として預ける必要がないため、一部の契約で最大100倍のレバレッジが可能です。BitMEXは、インバース、クォント、リニアペイアウトなど、トレーダーに興味深い先物市場機能を提供します。これらの機能を確認したい場合は、BitMEXの公式ページをご覧ください。

Bitfinex:スポット市場及び先物市場

Bitfinexはトレーダー向けのスポット市場と先物市場を提供しています。上記の他の取引所と同様に、Bitfinexは先物レバレッジで100倍を提供しています。

Bitfinexはトレーダーに永久契約を提供しています。これらの契約は先物契約と同じですが、有効期限はありません。したがって、トレーダーは無期限にポジションを保持することができます。

Bybit:スポット市場及び先物市場

Bybitは、先物市場で最大100倍を提供します。またBybitは、Bitfinexのような永続的な契約も提供しています。同様に、注文には、マーケット(成行)、リミット(指値) 、コンディショナル(条件付き)の3つのタイプがあります。

成行注文では、ビットコインの実勢価格で取引します。そして指値注文では、注文は市場から離れた特定のレベルで行われます。最後に、条件付き注文では、特定のレベルに達すると、これらのレベルは成行注文または指値注文のように機能します。



ビットコインを取引する上でのリスク

極端なボラティリティ:

ビットコイン固有のボラティリティにはいくつかの利点がありますが、同様に途方もないリスクもあります。2021年1月から2021年2月まで、パニック売りが主な理由で1億件を超えるポジションが清算されましたが、HODLERSとして知られるBTC保有者は無敗のままでした。これは、8億ドル以上が清算されたことを意味します。前に述べたように、仮想通貨市場に参入する場合は、適切な資金管理システムが必要です。

ハッキング:

仮想通貨とDeFi(分散型ファイナンス)の世界では、51%の攻撃からフラッシュローンやフィッシングまで、あらゆる種類のサイバー攻撃に苦しむ傾向があります。以上のことから取引所又はブローカーを選択する際に、それらがが保険で保護されているかを確認する理由です。

為替レート(為替相場):

ビットコインを取引する場合、為替レートは大幅に異なる場合があります。あなたのブローカーや取引所が取るレートを知っていることを確認してください。

最後に

ビットコイン(または任意の資産)を取引する場合、これらの市場で一貫して勝つための唯一の方法は、すべての資本を失うことなく、長期にわたって利益を上げることができる金銭管理を備えた取引システムを持つことと言えるでしょう。加えて、最適な感情管理を通じて、システムが設けた全ての規則に基づいて適切な行動を実行することです。



関連記事:

【最新】おすすめのビットコイン入手法6選

【2021】ビットコインを安全に保管しよう!おすすめのビットコインウォレット6選

仮想通貨を日本円に換金する方法 - 仮想通貨を現金化しよう

アルトコインとは概要と2021年注目のアルトコイン10選!