Loading circles

ゲームがロードしている間にぜひ一度、

私たちのソーシャルメディアを覗いてみてください。

< Back2021年3月8日

アルトコインとは?概要と2021年注目のアルトコイン10選!

アルトコイン

目次:

初めに

仮想通貨保持者や投資家にとって2020年の大部分は、利益がほとんど見られず価格が下落し続けた過去数年とは異なり、非常に良いものとなりました。

しかし、今年2021年には、新たに仮想通貨市場が急上昇しました。現在はまだ2021年に入ってから2ヶ月しか経っていないにもかかわらず、仮想通貨市場は大規模な成長を遂げており、時価総額で1兆ドル(約105兆円)を突破しています。

去年の2020年には、仮想通貨業界の様々な分野で色々な進歩が見られました。ビットコイン(BTC)は2017年の20,000ドルの節目の2倍以上の価格である、全く新しい史上最高値を更新し、他の多くのアルトコインも過去の史上最大値更新に向かって順調に進んでいます。

現在、ビットコインに続く世界第2位の仮想通貨であるイーサリアム(ETH)も、その史上最高値を更新するなど良い動きを見せています。

しかし、アルトコイン市場はビットコインそのものに比べると、弱いパフォーマンスを見せています。これは明らかに、アルトコインの時代がまだ来ていないことを示していると言えるでしょう。

しかし、仮想通貨業界の中でアルトコイン分野が置き去りにされたり、忘れ去られたりしていると言うことはありません。アルトコインはこれまで、非常に好調に推移しています。ただ、確かにBTCそのものほど強いものではありません。そのことを念頭に置いてこの記事では、2021年のこれまでに強さを示しているアルトコインのいくつかを検証し、仮想通貨の初心者から愛好家までにおすすめ出来る、アルトコインをご紹介します。

アルトコインとは?

まず初めに、まだ仮想通貨に興味も持ち始めたばかりの方や、仮想通貨を初めたばかりの初心者のかたのために、「アルトコイン」とは何なのか?を説明していきたいと思います。

「アルトコイン」という言葉は、「ビットコイン・オルタナティブ / Bitcoin alternative 」の略です。つまり、アルトコインとは、ビットコインを除くすべての仮想通貨を表しています。ほとんどのアルトコインは、少なくとも1つのビットコインのコンポーネントを置き換えるか、その上で改善することを望んでいるため、アルトコインは、ビットコインの代替品とも呼ばれています。

アルトコインには何百もの異なる種類のものがあり、日々新しいアルトコインが誕生しています。ほとんどのアルトコインはビットコインのクローン以上のものであり、あまり長い期間生き残ることはありません。このようなアルトコインは、そのハッシュアルゴリズムや流通方法、取引速度などのマイナーな機能を変更しているだけのものです。例外としては、ライトコイン(LTC)があります。その理由としては、ビットコインとは異なるハッシュアルゴリズムを使用していることに加え、ライトコインの通貨単位数が非常に多いことにあります。

ビットコイン愛好家の中には、アルトコインは全く不要だと主張する人が多々いるのも事実です。また、アルトコインはビットコインが誇るインフラには到底敵わないので、成功しないという意見もあります。しかし、アルトコインには大きな役割があります。それは、アルトコインは開発者が独自の機能を試すことを可能にしており、完全に機能するアルトコインは、ビットコインのテストネットよりもはるかに優れた「仮想通貨研究所」であると言えるでしょう。もちろん、ビットコインの開発者やコミュニティーが望めば、ビットコインがこれらの新しい機能を取り入れることが出来るのも事実です。

初めて誕生したアルトコイン

ビットコインの誕生後、一番最初に作られたアルトコインは「Namecoin」です。Namecoinの主な目的は、ドメイン名の登録を分散化することで、インターネット上の検閲が格段に難しくなることですが、通貨としての機能も持ち合わせています。

ビットコインは、多くの競合他社が存在する現在でもいまだに仮想通貨界のトップを独走しており、より新しく、より革新的な新バージョンが登場しています。それは、「Proof of Stake」やプライバシー、取引速度、DNS解決などの分野での変更を提供しています。限られた数のアルトコインのみが人気を博し、その他のアルトコインはあまり知られていません。

注目すべきアルトコイン10選:2021年版

まず始める前に、仮想通貨の世界はこれまでと同様に比較的リスクが高く、不安定な業界であることを覚えておいてください。仮想通貨の取引や投資を検討する際には、何の下調べもしないでいきなり始めるのではなく、前もって自分自身で研究やデータの分析を行い、自分自身の結論を形成することを心がけるようにしましょう。

それでは、2021年の今アツい注目のアルトコインをみていきましょう!

1. イーサリアム(ETH)

アルトコインを語る上で外すことのできないイーサリアムは、真の異端児であり、近い将来ビットコインの時価総額を追い抜くことができると一部の専門家によって信じられている唯一の仮想通貨です。イーサリアムは2013年に誕生し、過去2年間で40倍の成長率を記録しました。

イーサリアムのプラットフォームでは、分散化されたネットワーク上で動作するスマートコントラクトを作成することができ、ダウンタイム、詐欺、検閲、サードパーティによるインターフェイスの可能性がなく、プログラム通りに動作します。イーサリアムの開発に関わるチームは並外れています。彼らはイーサリアムの本当の可能性を示す素晴らしい仕事をしていると言えるでしょう。

イーサリアムのプラットフォームでは、分散化されたネットワーク上で動作するスマートコントラクトを作成することができ、ダウンタイム、詐欺、検閲、サードパーティによるインターフェイスの可能性がなく、プログラム通りに動作します。イーサリアムの開発に関わるチームは並外れています。彼らはイーサリアムの本当の可能性を示す素晴らしい仕事をしていると言えるでしょう。

また、現時点でのイーサリアムの採用度は驚異的です。多くの開発者がスマートコントラクトの可能性に着目し、それを利用したアプリ開発に取り組んでいます。もし世の中に無数にある1つの仮想通貨がそれを可能にすることができる場合、それはイーサリアムです。数ヶ月の間に1000%を超えることができる場合、それは次の数ヶ月間に1000%以上行くことができる大きな可能性を示していると言えるでしょう。

2. モネロコイン(XMR)

匿名・非公開のビットコインと呼ばれるモネロコイン。「でもビットコインはすでに匿名でしょ?」と思う人も多いかもしれません。これは非常に残念なことではありますが、ビットコインのよくある誤解です。ビットコインの全ての取引は一般の人が誰でも観覧することができ、ビットコインウォレットのアドレスを誰かに教えることで、その人はあなたが送受信したすべての支払い履歴を見ることができるのです。

このプライバシー問題を解決するためのソリューションを作ったのがいわゆる闇市場(武器メーカーや麻薬の売人など)です。2014年4月に誕生したモネロコインは、あなたのコインを他のコインと混ぜるソフトウェアを作ったのです。とはいえ、そのソフトウェアは信頼される必要性があり、正しく動作しない可能性があることから、ユーザー側の自由がそれに依存していることが懸念されます。モネロコインにはミックスシステムが内蔵されているため、どんな闇市場にも最適です。 人気の闇市場がモネロコインを採用したことで、この仮想通貨は最初の大きな成長を遂げました。

モネロコインは、オープンソースでプライバシーに配慮した仮想通貨であり、長い間、購入するのに最高の仮想通貨の一つと言えるでしょう。モネロコインの開発に関わった開発者たちは、自分たちのために何も脇に置かずに、この革新的な仮想通貨を導入しました。また、開発チームはさらなる開発のために寄付やコミュニティーを頼りにしてきました。

3. ライトコイン(LTC)

最近素晴らしいパフォーマンスを発揮しているライトコイン。時価総額が最大のコインのリストでは、リップルのXRPを抜いて4位にランクインしたこともあるこのアルトコイン。もちろん、XRPはすぐにこの地位を取り戻しましたが、これは主にアジア圏のトレーダーが突然、FOMO(Fear of missing out)、つまり逃すことを恐れて参加したために起こったと考えられています。しかし、XRPは米国証券取引委員会(SEC)との間で深刻なトラブルに巻き込まれているため、これは長くは続かないと考える投資家も多くいます。

一方、ライトコインは数日前に200ドルを突破し、2年ぶりの高値を記録しました。これは、ライトコインが2017年にビットコインと並んでヒットした史上最高値の375ドルからはまだかなり離れています。しかし、ライトコインが2021の年始に120ドルの価格でスタートし、2ヶ月足らずで100パーセントを超える価格の上昇をしたことを考えると、LTCは上位5つの仮想通貨の中でも最高のパフォーマンスを発揮していると言ってもいいでしょう。

4. バイナンスコイン(BNB)

知名度があり知っている人も多いと思いますが、バイナンス(Binance)はマルタに拠点を置く、利用者が多く人気の高い仮想通貨取引所であり、ここ数ヶ月でさらに勢いを増しています。バイナンスは仮想通貨の市場シェアを急速に伸ばしており、世界中のより多くの人がバイナンスを使い始めることで、バイナンスコイン(BNB)の価格も上昇します。

バイナンスは取引手数料が0.1%と安いだけでなく、取引処理が速いことでも知られており、さらには最高のパフォーマンス、使い勝手、セキュリティを約束しています。バイナンスの技術は、毎秒ごとに140万件の注文・取引を処理することができます。これにより、潜在的な取引量では世界を率いるリーダーと言われています。

バイナンスコインを使用しての取引は、すべての取引手数料を50%引きにすることができます。今年に入ってからバイナンスコイン(BNB)は価格がとても高騰しており、これからバイナンスコインのニーズは高まり、その価値を高めていくとみている投資家が多いです。

5. ドージコイン(DOGE)

ドージコインは、IBMのソフトウェアエンジニアであるビリー・マーカス氏とAdobeのジャクソン・パーマー氏が、ビットコインの代替品として大量に売り出されているアルトコインの増殖をパロディー化するために、海外のインターネット上で人気のある犬のミームを使って、2013年にジョークとして立ち上げました。この2人の共同設立者は、現在はドージコインに直接関与していません。

ドージコインのプロトコルは、現在は廃止されているラッキーコイン(Luckycoin)をベースにしており、ライトコイン(LTC)からのフォーク、もしくはスピンオフでした。ドージコインには供給量に上限がないため、流通しているコインは現在1,280億枚を超えており、その価格の安さからソーシャルメディアなどのコミュニティでは少額取引の際に人気の仮想通貨となっています。2013年のローンチ時のドージコインの価格は0.000232ドルだったので、0.05ドル前後まで上昇したことは21,000パーセントの上昇を意味します。

ドージコインは2021年を強気でスタートし、1月2日に0.005405ドルから0.011427ドルに倍増し、直近のラリーでは0.07818ドルという史上最高値を記録したことから、これからも目を離せない注目のアルトコインの一つと言えるでしょう。

6. テゾス(Tezos / XTZ)

テゾス(XTZ)は、弱気相場の中では突出した存在であり、ビットコインをはじめとする全てのコインを100%以上も上回るパフォーマンスを見せているアルトコインです。

テゾスはDApps(分散型アプリケーション)のための安全なインフラを構築しており、その成功の大部分は開発者がネットワーク上に構築し、エコシステムが繁栄することによってもたらされるだろうと言われています。すでにその兆しは見えているのですが、まだ投資家が大注目する程ではないと言えます。イーサリアムは、多くのビッグネーム達がイーサリアムベースのソリューションに取り組んでおり、この点ではアルトコイン界を独走するリーダーとなっています。

テゾスはどちらかと言うと、より投機的な仮想通貨カテゴリーに属します。開発者が集まるネットワークになるかどうか、またDAppsをサポートする機能が豊富なネットワークになるかどうかに賭けています。ここには十分な可能性があり、投機は紙面では良いと言えるのですが、資金を投入する前にもっと証拠が欲しいと言えるでしょう。

このような資産でポートフォリオを多様化し、開発と成長を監視するデューデリジェンスを行うことを厭わないのであれば、テゾスは適切な良い投資先になるかもしれません。

7. コスモス(Cosmos / ATOM)

コスモス(Cosmos)は現在のブロックチェーンインフラのスケーラビリティ(拡張性)、ユーザビリティ(操作性)、主権の制限をソルーションを目標にしています。世界最大のブロックチェーンであるビットコインとイーサリアムはスケーラビリティ問題の典型例であり、ビットコインは1秒間に7つのトランザクション(取引)しか処理できず、イーサリアムは25以上のトランザクションの処理に苦労していることが知られています。

アトム(ATOM)は独自の価値観を持っており、今日この記事で詳細を語ることはしませんが、市場価値に焦点を当てています。コスモスの市場価値は、プルーフオブステークのメカニズムと主要取引所との良好な接続性に由来しています。これは、利益を生み出すためのより多くの場を求めている仮想通貨プラットフォーム間で上昇傾向にあるステークキングサービスを提供する上位の取引所に追加されることで、市場での地位を高めています。アトムはすでにCex.ioのステークキングサービスに追加されており、Cex.ioのウォレットにコインを保管するだけで、年間9%のリターン(配当)を得ることができます。

この資金を預けて放置するだけで、年間9%のリターンを得ることができるアトムのリターン率は、主に富裕層のトークン保有者にとって非常に魅力的な機会であると言えます。この魅力は、銀行が顧客にマイナス金利を支払う(基本的には、顧客は銀行にお金を払って自分のお金を保有していることになります)伝統的な金利市場の現在の厳しい状況によって、さらに大きくなっています。このことはすべて、アトムに対する市場の関心が高まり、結果的に価格が上昇することを意味します。

8. シアコイン(Sia Coin / SC)

シアコインは、企業のクラウドストレージに対する見方を劇的に変える仮想通貨であり、この技術が将来的にデータストレージを変革することは間違いないと言われています。現在、グーグルやアマゾン、マイクロソフト、ドロップボックスが独占している市場にしっかりと目を向けています。

その使用例と、非常に専門的で有能なシアコインの開発チームは、シアコインが購入すべき最高の仮想通貨のリストの一つに含まれることを確信しています。

ドロップボックスのような従来のクラウドストレージサービスは、顧客のデータを中央のエコシステムにアップロードします。データはここで管理されているため、個人データの不正使用、偶発的な損失、データベース侵害など、あらゆる種類の陰謀にさらされています。

シア(Sia)では、アップロードされたファイルは暗号化され、細かく分割された後、複数のホストに分散されます。これは優れた冗長性(データの複数のコピーが複数のホストに安全に保存されること)を意味し、データの損失やスヌーピングの心配は必要ありません。

シアのメリットの一つとして、誰でも参加でき予備のストレージスペースをリースすることで報酬を得ることができることです。ホストとアップロードする側が接続することで、契約が成立します。この契約は、 「スマートコントラクト」と呼ばれており、借り手が使用されているストレージスペースと引き換えに支払いを受け取ることができます。シアコインのこれからの可能性を考えると、シアコインは現時点では著しく過小評価されていると言っても良いでしょう。

9. ベーシックアテンショントークン(BAT)

ベーシック・アテンション・トークン(以下:BAT)のプロジェクトは、アルトコインが成功するために必要なすべての要素を持っており、おすすめの投資先のアルトコインのすべてのリストに含まれるべきアルトコインと言われています。

BATは「中間業者の手数料なしで出版社と広告主を接続する」と言う、素晴らしいコンセプトを掲げています。広告の出版側の報酬はその注目度に応じて支払われ、広告主は支払った広告費に見合ったより多くの知名度を得ることができます。

JavaScriptの生みの親であり、FirefoxやMozillaの共同創業者でもある創立者チームは、実績のある多くの人を率いてこのプロジェクトを開始したことから、信頼度も高いと言われます。BATへの出資者の一部の例として、Founders Fund、DHVC(Danhua Capital)、パンテラキャピタルなどが挙げられます。これらの企業は、BATの時価総額を増やすことに大きな興味を持っており、出資できる豊富な資産も持ち合わせていることから、BATが非常に短い期間で価格が急上昇する可能性を秘めていると言えるでしょう。

10. ゴーレム(Golem / GNT)

ゴーレムはイーサリアムブロックチェーン上に構築されているアルトコインです。ポーランドのプログラマーグループが運営するこのプロジェクトは、世界で最も強力な分散型スーパーコンピューターになることを目指しています。このスーパーコンピューターは、アカデミアでの科学研究から最新のブロックバスター映画のレンダリングまで何でも処理し、完成すればユーザーは指先でスーパーコンピューターの処理能力を持つことになるでしょう。

しかし、それだけではありません。ゴーレムは、環境変化の傾向の特定、株式市場の動きの予測、治療法やより良質な医療ソリューションの評価と発見に役立つなど、あらゆる「ビッグデータ」の処理や採掘にも使用できます。

その無限大にある活用法がこのゴーレムプロジェクトを盛り上げています。ユーザーは、未使用の処理能力をリースすることでGNTトークンを獲得します。このトークンは、プラットフォーム上で再利用したり、現在の市場レートで取引所で取引したりすることができます。

この技術は現在アルファ段階にあり、誰でもダウンロードしてインストールすることができます。ゴーレムは、最終的にはスマートフォン、巨大なデータセンター、パソコン、およびその間にあるすべてのものが、処理能力の成長を続けるキャッシュに貢献することを目指しています。日々必要とされる処理能力がどんどん増加していことから、ゴーレムへの投資は投資家から注目されているものとなっています。

投資・購入するアルトコインを選ぶ際の注意点

仮想通貨は様々な方法で取引されており、多くの異なるアルゴリズムを使用しています。

仮想通貨を購入または、投資する前に考慮しなければならない主なポイントは、「コインの受け入れ先」「検証方法」「時価総額」「1日の取引量」です。

ここでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

コインの受け入れ先:

もし、所持していても何とも交換することができなかったり、購入に使用することができない仮想通貨には、投資する意味がありません。特定のアルトコインに投資する前には、そのコインが何処で誰に受け入れらているかを調べることは非常に重要です。たくさんある仮想通貨の中には、単に他の目的のために作られたものもあり、商品と交換できるように設計されていないものも多数あります。人気のある仮想通貨の中には、ビットコインのように様々な場面で広く受け入れられているものもあれば、他の仮想通貨としか交換できないものもあります。

コンセンサス方式 :

たくさんあるそれぞれの仮想通貨の大きな違いの一つは、その検証方法であり、最も古くからある一般的な方法はPOW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれています。POWでは、コンピュータが取引を検証する権利を得るために、難しい数学の問題を解くのに時間とエネルギーを費やさなければなりません。

しかし、この方法の問題点は、動作に膨大なエネルギーを必要とすることです。一方、POS(プルーフ・オブ・ステーク)システムでは、その通貨の最大のシェアを持つユーザーに取引を確認させることで、この問題を解決しようとしています。POSを用いたシステムは、取引速度が速く、動作に必要な処理能力が低いと主張しています。しかし、セキュリティへの懸念から、完全にプルーフ・オブ・ステークをベースとしたシステムを使用しているアルトコインはほとんどありません。

時価総額と1日の取引高:

仮想通貨の時価総額は、現在流通しているすべての仮想通貨の価値の合計であり、この記事の執筆時点での仮想通貨の時価総額は、6000億ドル近くになっています。時価総額が高いということは、仮想通貨のコイン1枚あたりの価値が高いことを示しています。ここで注意したいのは、時価総額よりも通貨の1日の取引量の方が重要であるということです。取引量は、市場の最近の動きが注目度の高まりに起因するものかどうかを評価するのに役立ちます。

まとめ

今回は2021に注目すべきアルトコインを10個ご紹介しました。それぞれ異なるユニークなコンセプトや目標を掲げているアルトコイン。どのアルトコインに投資するかを決める際には、リスクを最大限に減らすために、記事の最後で紹介したポイントを押さえならが、そのアルトコインの開発チームや特徴、取引量などをしっかりと調べることを習慣づけるようにしましょう。

自身でリサーチや分析をして結論を出し、投資をすることによって、仮想通貨にもっと詳しくなれるだけでなく、仮想通貨投資家として成功する可能性も高まることでしょう。



関連記事:

【完全版】タダで仮想通貨をゲットする方法!BTC・ETH・USDTのフォーセットサイト集

仮想通貨リップル(XRP)って何?概要や仕組みを徹底解説!

イーサリアム(ETH)って何?2021年版完全ガイド

【完全ガイド】ライトコイン(Litecoin)の特徴・仕組み・購入方法や将来性を知ろう!