Loading circles

ゲームがロードしている間にぜひ一度、

私たちのソーシャルメディアを覗いてみてください。

< Back2021年3月13日

【初心者必見】仮想通貨の始め方:投資の基礎知識や無料で入手できちゃう方法を紹介します

仮想通貨の始め方

目次:

初めに

最初の仮想通貨であるビットコインが誕生した2009年当時は、世間からは「何か面白いものだな」程度にしか思われていませんでした。IT系の技術者や未来学者は、新しいテクノロジーであるブロックチェーンや仮想通貨の秘めた可能性を見ていましたが、ビットコインが一般的な投資するものだとは考えられていませんでした。

しかし、ビットコイン誕生から10年以上が経った現在は、何百・何千もの数の新たな仮想通貨(アルトコイン)が誕生し、ビットコインを含めた仮想通貨は通貨として支払いなどに使用されたり、また注目の投資先としても人気を集めるものとなりました。

最も人気のある仮想通貨は、仮想通貨の王様とも呼ばれているビットコイン(BTC)で、その価格は主要な金融メディアで定期的に追跡されています。しかし、実際にはビットコイン以外にも数百種類の仮想通貨が存在しています。

ここ一年ほどで様々な仮想通貨が歴代の最高記録を更新するなどの理由から、これまで仮想通貨をやったことのなかった方からも大きな注目を集めることとなりました。この記事を読んでいるあなたも、最近になって仮想通貨に興味を持ち始めて、投資を検討しているのではないでしょうか?

今日この記事では、これから仮想通貨を始めてみたい仮想通貨初心者の方に向けて、仮想通貨の基礎知識や2021年に注目されているおすすめの仮想通貨、そして最後には無料で仮想通貨を入手する方法を初心者の方にもわかりやすく紹介していきます。



仮想通貨の定義と仕組み

仮想通貨は、ブロックチェーンと呼ばれる技術をベースとして作られたデジタル通貨を指します。ブロックチェーンとは、様々な情報が登録された流通「ブロック」の連鎖であり、一人の人間や一つの企業が運営・コントロールしているものではなく、中央権利者から独立した分散型のネットワークです。

仮想通貨はブロックチェーン技術を利用することで、情報の登録や流通が不要になります。従来の主流の送金の際に使用する、銀行などの仲介者を排除することで、送金側と受け取り側がお互いに直接取引を行うことができます。そして、銀行などの仲介者をなくすことで、従来の送金時に必要だった送金手数料(取引手数料)の排除または大幅に下げることを可能としました。これは、たくさんある仮想通貨の魅力の一つとなっています。

仮想通貨のもう一つの魅力が、その送金スピードの速さです。従来の銀行を介した国際送金の場合、高い手数料を支払わなければいけないのに関わらず、送金が完了するまでに数日から一週間ほどかかってしまいます。ですが、仮想通貨を使用して送金する場合には、世界中のどこに送金するにもほとんどの場合ほんの数分で送金が完了します。

最も人気のある仮想通貨は、仮想通貨の王様とも呼ばれているビットコイン(BTC)で、その価格は主要な金融メディアで定期的に追跡されています。しかし、実際にはビットコイン以外にも数百種類の仮想通貨が存在しています。

仮想通貨の魅力はこれだけに留まらず、匿名での所持や利用が可能なことや、価格の上下が激しいことから、投資とは思えないほどの値上がりをし、とても大きな爆発的な利益を出せる可能性も秘めています。

2017年に最初の歴代最高額を更新する前にビットコインを購入した人や、2020年の直近の歴代記録を更新する前にビットコインを購入した人にとっては、おそらく他の投資方法では不可能に近いような大きな利益を出したことでしょう。



仮想通貨の投資方法

それでは、仮想通貨の投資に参加したい場合にはどこから始めればいいのでしょうか?早速仮想通貨を購入してみたい!と思っても、近所の銀行や証券会社に行って仮想通貨を購入することはできません。金融機関の世界では、仮想通貨はまだ異端児的なものとして見られています。その理由としては、まだ一般的に世間に浸透していないことから十分に理解されていないことや、事実上規制がされていないことが挙げられます。そのため、仮想通貨を購入するには、仮想通貨独自のネットワークの中でのみ取引される傾向があります。

これは仮想通貨に限ったことではないのですが、投資をする場合には投資資金の全てを一つの仮想通貨(ビットコインだけなど)に注ぎ込むのではなく、様々な仮想通貨に投資することで、リスクを分散することができます。

例えば、一つのアルトコインに投資資金を全てつぎ込んだとします。もし、その仮想通貨が市場から消えてしまった場合には、全ての投資資金を失うことになってしまします。しかし、様々な仮想通貨に分散して投資することで、全てを失ってしまうリスクを大幅に減らすことができます。このように、仮想通貨に投資をする際には、リスク管理をしっかりするように心がけましょう。

では、仮想通貨の始め方をステップごとに紹介していきます。それでは見ていきましょう!

ステップ①:投資したい仮想通貨を決める

仮想通貨と一言に言っても、その通貨の種類は何百・何千もあり、毎日よのうにたくさんの新しい仮想通貨が誕生しています。そして、そのような多くの仮想通貨が日々誕生している裏では、多くの仮想通貨も消えて行っています。このように多くの種類の仮想通貨が誕生・消滅を繰り返して行く中でも、長い間生き残って人気を集め、価値がどんどん上がっているものもあります。

現時点で知名度・人気度・価格全てでトップにいるのが、ビットコインです。ビットコインは買い物や支払いに使用されるだけでなく、投資先としても人気トップを独走している仮想通貨です。ビットコインの次の人気第2の仮想通貨はイーサリアム(ETH)となっており、他にも人気の高い仮想通貨は「リップル」「ライトコイン」「ダッシュ」などが挙げられます。

仮想通貨業界でのビットコインのその圧倒的な地位を考慮すると、他の多くの仮想通貨の中でも最も信頼性が高いように思われます。実質的に、ビットコインは「仮想通貨」と同義語にもなっている程です。しかしここで興味深いのが、メディアがビットコインの価格行動を注意深く追っている間に、他のいくつかの仮想通貨がビットコインよりも良いパフォーマンスを見せていることです。

このように仮想通貨の投資市場では、ビットコインが圧倒的な地位を占めているため、仮想通貨に投資する場合は主にビットコインに投資資金の割合を多めに当てるといいでしょう。残りの投資資金は、他の仮想通貨に当てるとベストでしょう。そして、仮想通貨の王様であるビットコインが投機である場合、ビットコイン以外の他の仮想通貨はさらに投機的なものとして見なすべきです。

過去10年間で市場に出回っている仮想通貨のほとんどは、完全に消滅してしまっています。つまり、投資した資金がすべてゼロになってしまう可能性があるということです。そして、仮想通貨市場でよく見られる価格の変動性を考えると、ほんの少しの通知であなたの投資が完全に消えてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

ステップ②:仮想通貨を購入する取引所を決める

仮想通貨の投資・購入することのデメリットの一つは、通常の普段から使い慣れた金融機関で購入することができないことでしょう。仮想通貨は銀行や投資証券会社では提供されていません。ほとんどの場合、仮想通貨の購入・保有・売却などは専用の仮想通貨取引所で行うことになります。

仮想通貨取引所を利用したことのない方にとっては、なんだか難しそうだな...と思うかもしれませんが、一度一連の流れを経験してしまえば、とても簡単に利用することができるものだとわかるはずです。

仮想通貨を購入する取引所を決める際には、あなたが投資したい仮想通貨を取り扱っていることを先に確認するようにしましょう。ほとんどの仮想通貨取引所では、ビットコインやイーサリアムなどの人気の高いビッグネーム仮想通貨を取り扱っています。もし、もっとマイナーな仮想通貨に投資をしたい場合には、その仮想通貨を取り扱っている取引所を選ぶようにしましょう。

利用者が多く人気の大手仮想通貨取引所をいくつか紹介します。

バイナンス世界でもっとも利用されている仮想通貨取引所の一つ。取り扱い通貨の種類が国内取引所に比べてとても豊富

ビットフライヤー日本国内での取引量が一番多い仮想通貨取引所

DMMビットコインレバレッジ取引に興味がある方は必見の国内取引所

コインチェック国内の取引所の中でもっとも多くの種類の仮想通貨を提供



また、取引所によって取引手数料や入出金額が異なるので、その点も考慮して取引所選びをするようにしましょう。

ステップ③:購入した仮想通貨の保管場所を確保

通常仮想通貨は、仮想通貨ウォレットと呼ばれるものに保管されています。仮想通貨ウォレットには非常に多くの種類があるので、ウォレット選びには迷ってしまうかもしれません。ここでは、購入した仮想通貨を安全に保管知るためにウォレット選びの際に考慮する点を紹介していきます。

まず、仮想通貨のウォレットとは、銀行で言う銀行口座のようなものと考えてください。しかし、銀行口座に入っているお金は銀行と言う中央管理者に管理されていますが、仮想通貨のウォレットに入っている仮想通貨は、そのウォレットの持ち主のみがアクセスや管理をすることができます。

それぞれのウォレットには、「公開鍵」と「秘密鍵」と呼ばれるものがついてきます。「公開鍵」は「アドレス」とも呼ばれるそのウォレットの口座番号のようなものです。これは、仮想通貨を送受信する際に宛先として使用されます。そして「秘密鍵」は、銀行口座の暗証番号のようとても大切なものなので、決して他人に教えることはないように大切に保管する必要があります。これらは、ブロックチェーン上であなたの仮想通貨のロックを解除するために使用されることから、「鍵」と呼ばれています。

仮想通貨ウォレットは、所持している仮想通貨へのアクセスや送受信を可能にするだけでなく、ブロックチェーン上に保存されている取引の記録や、現在の残高を記録することができます。

では、それぞれの仮想通貨ウォレットの種類を見ていきましょう。

オンラインウォレット:

オンラインウォレットはクラウド上にあり、インターネット環境さえあれば、どのパソコンからでもアクセスできます。すぐにアクセスできることから利便性は高いですが、秘密鍵はオンライン上に保存され第三者が管理しているため、安全性は低くなります。

デスクトップウォレット:

これは、自身のパソコンにインストールして利用するものです。ストレージが自分のパソコン上にあるため、オンラインウォレットよりも安全に保管できます。

モバイルウォレット:

名前からわかる通り、このタイプのウォレットはスマートフォンなどで離島できるアプリです。このタイプのウォレットは、様々な仮想通貨に対応しており購入を行うために使用できるという利点があります。

ハードウェアウォレット:

これは、USBデバイスなどのハードウェアデバイスに秘密鍵を保存するタイプのものです。秘密鍵がインターネット上に保存されていないため、上記の選択肢の中で一番安全性の高いものとなります。



どのタイプのウォレットを利用するかを選ぶ際には、自信がどのような投資・取引をしたいかに合わせて選ぶことをおすすめします。例えば、1日に何回も取引を行いたい場合には、素早く簡単にアクセスできるオンラインウォレットを使用したり、高額の仮想通貨を保存したい場合や、長期的に保管しておきたい場合には、安全性がもっとも高いハードウェアウォレットを使用したりしましょう。

仮想通貨投資のリスク管理

仮想通貨に投資する際には、自分のポートフォリオの内どれくらいを仮想通貨に配分するかを事前に決めておく必要があります。最近の仮想通貨の価格変動(特にビットコイン)では、合理的な判断をするのは難しいかもしれません。すべての投資は、言ってしまえば利益を得たいと言う「欲」と、投資資金を失ってしまうかもしれない「恐怖」の組み合わせによって支配されているとも言えるでしょう。仮想通貨の投資では、最近の爆発的な価格上昇を踏まえると、制御下で「欲」の部分を維持するのは難しいかもしれません。

しかし、仮想通貨は投資のポートフォリオのごく一部のみを占めるべきです。正確にどのくらいかは完全にそれぞれの投資家次第です。しかし投資資金にもよりますが、5%〜10%以上を仮想通貨に投資することには注意する必要があります。

仮想通貨の投資は、株式と同じ方法や仕組みでではないことを十分に理解しましょう。例えば、金へ投資をした際に利息や配当金が支払われることがないように、仮想通貨も同様です。仮想通貨が良い投資になるかどうかは、その価格が大幅に上昇するかどうかに完全に左右されます。

元々、仮想通貨は投資用に設計されたものではありませんでした。円やドル、ユーロなどの法定通貨に代わるものとして誕生したものです。将来的には、主にインターネット上でのより効率的な取引手段になると考えられています。それは、法定通貨のような操作ではなく、市場によってその価値が厳密に決定されるからです。

しかし、少なくとも現時点で仮想通貨は、法定通貨の代用としての役割を十分に果たしていません。仮想通貨での支払いに対応しているお店なども、ひと昔前に比べれば増えてきているとは言え、まだまだ数が限られており、ほとんどが個人間での取引に使用されています。

仮想通貨を無料で入手する方法

仮想通貨を始めたいけど、いきなり購入するのは不安と言う初心者の方も多いのではないでしょうか?ここでは、仮想通貨をリスクゼロで入手できちゃう方法をご紹介します!

ビットコインカジノであるトラストダイスでは、全てのユーザーが利用可能な仮想通貨フォーセットと呼ばれるものを提供しています。アカウント開設に必要なものはメールアドレスの認証のみで、数分で簡単に登録が可能です。

トラストダイス提供の仮想通貨フォーセットでは、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨の王道はもちろん、テザー(USDT)、イーオス(EOS)なども提供しています。このフォーセットでの仮想通貨は、6時間毎に一回請求することが可能となっています。これから仮想通貨を始める方は、このフォーセット機能を活用してみましょう。

受け取った仮想通貨でカジノゲームを無料でプレイして、資金を増やすチャンスも提供されているので、興味がある方は一度チェックしてみてくださいね。

最後に

初代の仮想通貨であるビットコインが始めて誕生した当時は、1BTCの価格は約0.07円でした。それが2021年に入って1BTCの価格は600万円台にまで到達しました。もし、ビットコインが誕生した当時にほんの1000円をビットコインに投資して現在まで保持していたとしたら、とてつもない恐ろしい程の金額になっていました。

投資する仮想通貨によってはリスクが高くなってしましますが、投資に成功した場合にはものすごい利益が出る可能性を秘めている仮想通貨への投資。ハイリスク・ハイリターンであることを常に覚えておき、投資を検討している仮想通貨のリサーチをしっかり行い理解してから始めるように心がけましょう。

仮想通貨についてもっと知りたい方や、とのような選択肢があるのかを詳しく知りたい方は、以下の関連記事も合わせて読んでみてください。おすすめのアルトコインや今日紹介した取引所の利用方法などを詳しく説明しています。

とっても奥が深い仮想通貨の世界。知識を増やすことでより有利に投資をすることができるはずです。



関連記事:

【2021】ビットコインを安全に保管しよう!おすすめのビットコインウォレット6選

アルトコインとは?概要と2021年注目のアルトコイン10選!

BINANCEの概要と登録方法、よくある質問について

【完全版】タダで仮想通貨をゲットする方法!BTC・ETH・USDTのフォーセットサイト集

仮想通貨を日本円に換金する方法 - 仮想通貨を現金化しよう